瞎写写 LPMM专职

目を覚ましたら 聞こえてくる  雨音に耳をすます 

醒来时 雨声不绝于耳  侧耳倾听其中

明けない夜に 昇るはずの  陽の位置を思い浮かべる

迎不来黎明的夜  在心中描绘着理应升起的太阳的位置

ふつりあいな程 大きな黒い傘 

伸出手  将大到失去平衡似的黑伞 

薄明るい空に 手を伸ばし さしたら 小さな闇になった 

朝向微微明亮的天空撑开  它便化作了一片小黑暗

近すぎた影 遠い嘘  静かすぎる部屋は嫌い 

太过靠近的影子 遥远缥缈的谎言  讨厌过分安静的房间 

确かめる間もないままに なぜ急いで沈むのだろう

连确认都无暇顾及  为何如此急于下沉

何も見えない夜は 見失わないように 

在什么也看不见的夜晚 以免迷失其中 

苛立ちと願いを ろうそくに 灯せば 寂し気な天体になった 

将焦躁和愿望点亮进蜡烛  于是就汇聚成寂寞兮兮的天体星光

もしも言葉が星よりも  数えきれない程あるなら  伝えられるかもしれないけど  そんな大切なものではないと思う 

倘若话语比数不清的繁星还要多  虽然也许能够一一传递  但我想这并非是那么重要的事

そこまで 歩いてゆこう 

一直走下去 直到那里为止

雨が降りやんだら  穏やかな朝焼けが  眩しいだろう 

雨停后  平静安稳的朝霞  一定很炫目吧

评论
热度(6)
© 鸭毛M | Powered by LOFTER